小児矯正を始めるベストな時期は、歯並びが気になったとき

ていねいな説明

矯正相談に来る方の多くは、矯正治療を始めるタイミングがわからずに迷っているようです。一般的には、永久歯に生え変わる7~8歳頃に始めるのがベストだと言われています。しかしお子さんの成長度合いはそれぞれ異なり、治療に専念できる時期もそれぞれのご家庭ごとに違いがあります。無理に治療を始めようとすると負担が大きくなりますので、あまりこだわる必要はありません。当院では歯並びが気になり、治療を受けたいと思ったときに始めるのが自然なタイミングだと考えています。

部活や習い事、受験勉強、兄弟やご家庭の環境など、お子さんが専念できる体制が整ってから始めても決して遅くはありません。仕上がりを心配する方もいらっしゃいますが、治療を始めるタイミングに合わせてベストな治療方法を提案しますので、いくつになってもしっかり治せます。どうぞご安心ください。

なお、小児矯正を成功させるにはご両親の協力が欠かせません。治療を始めると決断したら、ご家族の力で最後までしっかりサポートしてあげましょう。

受け口や出っ歯のお子さんは早めに矯正治療を
受け口や出っ歯のお子さんの場合、タイミングを逃してしまうとあごの成長が阻害されて症状がさらに悪化し、治療も難しくなることがあります。受け口や出っ歯の症状が強いお子さんには、早めの矯正治療をおすすめしています。

治療開始時期はお子さんごとに違いますので、3歳児検診や就学児検診、矯正専門医の精密検査を受けて、適切な時期を診断してもらうとよいでしょう。

まずはご相談ください

まずはご相談ください 無料カウンセリング アクセスマップ 診療カレンダー
無料カウンセリング