できるだけ歯を抜かない矯正治療

歯を抜かない矯正治療

かつて、矯正治療に抜歯は当然だと考えられていましたが、最近では非抜歯矯正を行う矯正医が増えてきました。歯を抜く・抜かないに関しては未だに意見が別れますが、当院ではできるだけ歯を抜かない方法を考えた、お子さんに負担の少ない治療方法を提案しています。

歯並びを治すには、歯が移動できる十分な隙間が必要です。成人の場合は抜歯をしてスペースを作りますが、お子さんの場合は永久歯に生え変わる時期に治療を始めると、歯を抜かずに効率よく治療を進めることができます。

非抜歯矯正が難しい場合
日本人の骨格は口腔内の奥行きが狭くて骨が少ないので、矯正治療での抜歯率は欧米人に比べて高く、主要な大学歯学部附属病院で60%強との報告があります。小児矯正でも、お子さんの歯やあごの状態によっては非抜歯矯正が難しいケースもあります。

当院では、精密検査のデータを精密に分析し、専門的な見地から、お子さんの10年、20年先を考えたときにどちらが適切なのかをしっかり見極めた上で、抜歯・非抜歯を判断しています。

もしも抜歯をした方がよりベストであれば、抜歯の必要性をはっきりとお伝えし、非抜歯のメリット・デメリットを踏まえながらきちんとご説明します。それでも落胆は大きいと思いますが、できるだけご家族の気持ちを考えた対応を心がけています。

まずはご相談ください

まずはご相談ください 無料カウンセリング アクセスマップ 診療カレンダー
無料カウンセリング