いつから始めればいいのかな?

多くの場合は、7歳頃から治療開始時期
「矯正治療はいつ頃始めたらよいでしょうか?」

これは、非常によくある質問です。「南柏かんだ矯正歯科」ではその時期を、多くの場合7歳前後とお答えしています。その時期は、永久歯の前歯と奥歯が生えてくる頃です。

受け口・開咬は、3歳頃から治療開始時期
しかし、お子さんが受け口だったり、指しゃぶりがやめられず開咬の傾向があったりして、上下の歯で物をうまく噛めていないような場合には、3~4歳頃に始めたほうがよいケースもあります。骨格的に不調和があった場合にそれを放っておくと、5年後、10年後には不調和がさらに大きくなり、矯正治療も難しくなってしまうからです。

歯が生え替わる前に矯正を行えば、歯を抜かないで治療できることもあります。タイミングを逃さないためにも、生え替わる前に一度専門医に相談し、お口の状況を見てもらうことをおすすめします。それにより、将来的に矯正治療が必要であるか、またその最適な時期がいつ頃なのか、などがわかり、お父さんお母さんも安心できるのではないでしょうか?まず専門医に相談することをおすすめします。

短期集中治療を

短期集中治療「南柏かんだ矯正歯科」が考えるお子さんの矯正治療成功のヒケツは「なるべく短期集中で行うこと」です。期間が長くなるとお子さんは飽きてしまい、継続が難しくなることもあるからです。

すぐに矯正治療を始める必要がないお子さんについては観察期間を設け、半年に一度程度の間隔で来院していただきます。その際、永久歯への生え替わりの状況やあごの成長を確認し、併せて虫歯のチェックや歯のクリーニング、フッ素塗布などを行います。

このように、そのお子さんにとってベストな矯正治療の開始時期を見極め、そのタイミングを逃さずに治療をスタートさせましょう。

歯が生え替わった方へ ~思春期を迎える前に~

思春期を迎える前にお子さんも思春期に入ると、他人の目が気になり始めます。特に女の子にその傾向は強く、歯並びを気にして口元を手で覆ったり、笑えなくなったりする子が出てきます。

矯正治療は、歯並びや噛み合わせなどの機能改善はもちろん、見た目を美しくするという目的もあります。多感な時期に入る前に矯正治療が済んでいれば、お子さんの笑顔が曇ることなく、心身ともに健やかな楽しい生活を送ることができるでしょう。

また、歯が完全に生え替わってしばらく経ってから矯正治療を考えた場合、抜歯をしなくてはならないこともあります。そういった点でも、矯正治療を行う時期としては、思春期を迎える前がよいでしょう。

まずはご相談ください

まずはご相談ください 無料カウンセリング アクセスマップ 診療カレンダー
無料カウンセリング