取り外し可能な小児矯正の治療法 ~床矯正~

床矯正床矯正とは、取り外しができる入れ歯に似た装置を使い、あごを拡げていく矯正治療です。あごを拡げ、重なった歯を正しい位置に誘導していくという合理的な治療です。

成長段階であるお子さんの骨はやわらかいため、正しい成長に誘導することが可能です。その特性を生かし、歯を抜いて歯並びを整えるのではなく、歯が生えるのに必要なスペースを確保するのが床矯正なのです。

お子さんの成長が止まるのは、およそ女の子で15歳、男の子で18歳と言われています。あごの骨格を誘導できるのは、それまでがリミット。成長期のうちに矯正治療を行うことは、とても大切なのです。

<適切な時期で始める小児矯正のメリット>
・歯を抜かなくてよい
・装置が目立たない
・装置の取り外しが可能で、装着時の痛みも少ない
・成長期の特徴を生かしており、歯を移動させやすい
・保定装置をつける期間が短い
・歯を支えるあごの骨だけでなく、周りの筋肉の成長も正しく誘導できるため、顔立ちがよくなる
・将来的に、顎関節症や歯周病の予防につながる

骨の成長が完了した大人の「矯正」と違って、小児矯正はどちらかと言うと「誘導」という方法であり、いろいろな面でお子さんに適した矯正方法と言えるでしょう。

まずはご相談ください

まずはご相談ください 無料カウンセリング アクセスマップ 診療カレンダー
無料カウンセリング