いつから始めればいいのかな?

多くの場合は、7歳頃から治療開始時期
「矯正治療はいつ頃始めたらよいでしょうか?」

これは、非常によくある質問です。「南柏かんだ矯正歯科」ではその時期を、多くの場合7歳前後とお答えしています。その時期は、永久歯の前歯と奥歯が生えてくる頃です。

受け口・開咬は、3歳頃から治療開始時期
しかし、お子さんが受け口だったり、指しゃぶりがやめられず開咬の傾向があったりして、上下の歯で物をうまく噛めていないような場合には、3~4歳頃に始めたほうがよいケースもあります。骨格的に不調和があった場合にそれを放っておくと、5年後、10年後には不調和がさらに大きくなり、矯正治療も難しくなってしまうからです。

歯が生え替わる前に矯正を行えば、歯を抜かないで治療できることもあります。タイミングを逃さないためにも、生え替わる前に一度専門医に相談し、お口の状況を見てもらうことをおすすめします。それにより、将来的に矯正治療が必要であるか、またその最適な時期がいつ頃なのか、などがわかり、お父さんお母さんも安心できるのではないでしょうか?まず専門医に相談することをおすすめします。

まずはご相談ください

まずはご相談ください 無料カウンセリング アクセスマップ 診療カレンダー
無料カウンセリング