目立たない矯正の種類

他人に気づかれずに矯正をしたい――。そんな多くのニーズに応え、今日さまざまな「目立たない装置」が開発されています。

舌側(ぜっそく)矯正舌側(ぜっそく)矯正
舌側矯正は裏側矯正とも呼ばれ、矯正装置を歯の舌側(裏側)に装着する方法です。表側矯正とは違い、非常に見えにくいのが最大の特徴です。

<メリット>
・矯正装置が他人から見えない
・歯の裏側の特性により、表側に比べて虫歯になりにくい
・装置の特性上、前歯の矯正に効果が出やすい
・舌が常に装置に触ることで舌癖が改善され、矯正後の後戻りがしにくい

クリアアライナークリアアライナー
ワイヤーを使った矯正装置でなく、透明なマウスピース「クリアアライナー」を装着して歯を移動させていく方法です。装置が見えにくく取り外しが可能な画期的な矯正です。

<メリット>
・ 矯正装置が他人から見えにくい
・ 食事やブラッシング時に取り外せるため、お口の中を衛生的に保てる

※クリアアライナーは、奥歯を大きく動かす矯正などには向いておらず、すべての患者さんに対応できる方法ではありません。事前にご相談ください。

セラミックブラケットセラミックブラケット
従来の矯正装置で目立っていた金属のブラケットをセラミックに変えたものです。歯の色に近い白いセラミックブラケットは、歯の表側に装着してもほとんど目立ちません。
※ブラケットとは、矯正装置で歯の表面に取りつける器具。そこにワイヤーを通して矯正します。

<メリット>
・矯正装置が目立たない
・プラスチック製に比べて強度がある
・金属製と同等の治療効果がある

まずはご相談ください

まずはご相談ください 無料カウンセリング アクセスマップ 診療カレンダー
無料カウンセリング