矯正治療では抜歯をしますか?

成長期のお子さんに行う矯正治療では、あごの大きさを広げる「床矯正」などで、できる限り抜歯をしないで矯正を行います。しかし成長が完了した大人の場合、どうしてもあごが小さく歯の生えるスペースが足りない場合には、抜歯が必要になることもあります。

抜歯によってできたスペースを使って歯を正しい位置に誘導し、悪い歯並びを治していくのです。
 

まずはご相談ください

まずはご相談ください 無料カウンセリング アクセスマップ 診療カレンダー
無料カウンセリング