大人も矯正できます

大人の矯正について

歯列矯正を始めるのに最適な時期が、お子さんの成長期であることは事実です。しかし、大人でも歯列矯正は行えます。

大人の矯正と子どもの矯正の比較
大人の矯正は子どもの矯正と少し違います。その違いとしては、次のことが挙げられます。

・矯正の力に対する組織の反応が遅いため、歯を移動させるのに時間がかかることがある
・あごの骨の位置を改善したい場合、子どもの場合と違って外科的矯正治療が必要なことがある

子どもの時期の矯正は「歯並びを整えたい」ということをお子さん本人より親御さんのほうが強く思っている場合が多く、本人はブラッシングや装置のお手入れなどで大変な思いをするだけになってしまうこともあります。それに比べ大人になってからの矯正は、自分の意志で「美しく正しい歯並びになりたい」という想いで取り組みます。そのため、日頃の歯や装置のお手入れもていねいに行い、治療をスムーズに進められるのです。

大人の矯正治療については、そういったメリット・デメリットを理解した上で治療に入られることをおすすめします。

大人の矯正治療の目的

大人の矯正治療の目的大人が矯正治療を受けようとする理由には、どんなものがあるのでしょうか?それには大きく分けて2つあります。

理由1 審美的な面での改善
1つめの理由としては、子どもの頃からの口元のコンプレックスをなくしたい、ということが挙げられます。八重歯や出っ歯、受け口など、ずっと背負ってきた見た目の悩み。それを自分の努力とお金で矯正できるなら......と治療に踏み切られる方もいます。矯正治療で口元を気にすることがなくなれば、笑顔にも自信を持つことができ、前向きに未来へ向かっていけるでしょう。

理由2 噛み合わせの面での改善
大人が矯正治療を望まれる目的のほとんどは、審美的な面での改善です。しかし実際には、もっと重要な「噛み合わせの改善」があります。

噛み合わせが悪いことを不正咬合と呼びます。これを放っておくと、頭痛・肩こり・腰痛・膝痛など、全身のさまざまな部位に影響を及ぼすことがあります。噛み合わせが改善されれば、こういった心配がなくなります。また、ブラッシングもしやすくなるため虫歯や歯周病の予防にもなり、さらに食べ物がしっかり噛めるので、体の内面からも健康になることができるのです。

お子さんと一緒に矯正治療を

大人の矯正治療お子さんの矯正治療をきっかけに、自分も矯正を......、という方はたくさんいらっしゃいます。またご自身が矯正治療を受けたいけれど、小さい子どもがいて......、と二の足を踏まれる方もいらっしゃるでしょう。

「南柏かんだ矯正歯科」では診療室内にキッズスペースを設けておりますので、お子さんと一緒に矯正治療を受けることもできますし、小さなお子さん連れでも安心して治療を受けていただけます。

「南柏かんだ矯正歯科」には小児矯正の患者さんがたくさん来られています。子どもといつも接しているスタッフは、子どもが大好きな者ばかりです。どうぞ、安心してご来院ください。

まずはご相談ください

まずはご相談ください 無料カウンセリング アクセスマップ 診療カレンダー
無料カウンセリング