院長あいさつ

院長あいさつ

こんにちは。南柏かんだ矯正歯科の院長、神田尚治です。
当院は南柏駅から徒歩1分とアクセスがよく、駅前周辺にはスポーツクラブや商業施設が立ち並び、非常に便利な場所にあります。

開院当初、周辺地域には矯正歯科がありませんでした。柏や松戸まで出かけなければ矯正治療が受けられず、地域の皆さんは随分大変な思いをしていたようで、当院が開院したことを大変喜んでくださいました。

矯正中は定期的に通院したり、装置を調整したり、装置を煩わしく感じたりと、何かと不便なことが多いと思いますが、無理に治療を進めるとお子さんにストレスがかかり、途中で投げ出してしまうことがあります。そんなお子さんの気持ちを考えながら、最後まで治療に取り組めるように、なるべく負担の少ない矯正治療を目指しています。

塾や部活が終わってからでも通院できるように平日は夜9時まで、土日の診療も行っています。また短期集中治療にも取り組み、効率よくゴールに到達するために、持てる力を最大限に発揮したベストな治療を提案します。

地域の皆さんの想いに応えられるよう、患者さんの気持ちに心を傾け、真摯に取り組んでいますので、お子さんの歯並びが気になりましたらお気軽にご相談ください。

矯正治療は奥が深い治療

院長あいさつ矯正治療は歯を少しずつ動かしていく治療なので、やみくもに装置やワイヤーを調整してもうまくいきません。考えることがとても多い複雑な治療ですが、お子さんに適した方法を模索しながら歯を動かしていくことが、私にとっての矯正治療の面白さです。

最初にゴールを設定し、それに向かって治療方法を考えますが、実際に治療を進めていくとなかなか思いどおりに進まないことがあります。そんなときはもう一度治療方法を見直しますが、その度に矯正治療は奥の深い治療だと感じます。

矯正治療は専門性が高く、経験が長ければ長いほど技術力や応用力がついてきます。10年、20年と経験を重ねながら、さらに技術力を高めていきたいと思っています。

矯正治療は心を癒す治療院長あいさつ
歯並びが悪いとそれだけでコンプレックスを感じてしまい、ひどい場合はうつ状態になったり引きこもりになったりすることがあると聞きます。特に多感な時期に歯並びが悪いと、それだけで自信を失い、消極的になってしまうようです。

かなり前のことですが、歯並びをひどく気にする方を治療したことがあります。どちらかというと沈みがちな印象がありましたが、歯並びが整っていくうちに笑顔が増えていき、治療を終える頃には、見違えるような明るさを取り戻していました。そんな患者さんと出会うと私も嬉しくなり、矯正医になれてよかったと心から思います。

すべてのお子さんはさまざまな可能性を秘めています。その可能性を歯並びが悪いがために摘み取ってしまうのはあまりに可哀相です。歯並びが気になり始めたときが矯正治療を始めるチャンスです。お子さんの歯並びが心配な方は、できるだけ早めにご相談ください。

お子さんに自信と勇気を与える矯正医でありたい

院長あいさつ矯正治療は治療期間が長く、最後までモチベーションを保ち続けるのが難しい治療です。装置を煩わしく感じたり調整を忘れてしまったり、通院時間が取れなかったりすることもあるかもしれません。それでも途中で投げ出さずに、最後まで頑張ったという達成感をぜひ味わってほしいと思います。

矯正治療を最後まで頑張り抜くと、達成感や満足感が得られ、それが自信につながると何事にも前向きに取り組んでいけるお子さんに成長できると思います。また、ご家族の方にもお子さんの歯並びをキレイにしてあげたことで喜びを感じるのではないでしょうか。

小児矯正ではお子さんが主役です。スタッフ一丸となってお子さんの笑顔をサポートしますので、最後まで一緒に頑張りましょう。

院長経歴

院長あいさつ南柏かんだ矯正歯科 院長 神田 尚治

1998年 国立東京医科歯科大学歯学部卒業
国立東京医科歯科大学 大学院博士課程入学 顎顔面矯正学分野入局

2002年 国立東京医科歯科大学 大学院博士課程修了
国立東京医科歯科大学 歯学部附属病院矯正歯科外来専攻生

2003年 国立東京医科歯科大学 疾患遺伝子実験センター研究機関研究員

2004年 国立東京医科歯科大学 歯学部附属病院矯正歯科外来退職
国立東京医科歯科大学 顎顔面矯正学分野非常勤講師
東京都町田市ふなき矯正歯科副院長

2009年 南柏かんだ矯正歯科 開院

【資格】
歯科医師
歯学博士
日本矯正歯科学会認定医

【所属学会】
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本顎変形症学会
日本口蓋裂学会

まずはご相談ください

まずはご相談ください 無料カウンセリング アクセスマップ 診療カレンダー
無料カウンセリング